中国・北京旅行info Top >  観光お役立ち情報 >  北京で買物

北京で買物

北京では、スーパーマーケットで生活に密着したものを見たり買ったりするのも楽しいです。その際に注意しておくことは、北京のスーパーマーケットでは入口でチェックがあって手荷物などはすべて預ける必要があります。また驚くこともあるでしょうが、レジの店員によっては商品やお釣りを投げつけるように渡す人も居て、上海と比較するとまだまだサービス面での遅れは目立ちます。地元系以外では、イトーヨーカドーの直営店や系列店があり、日本の食品もあって日本の味が恋しくなったときなどに便利です。外資系ではカルフールやロータスなども多店舗展開をしています。

コンビニは、お馴染みのセブンイレブンが市中に多くの店舗展開をしており、日本と同じおにぎりやおでん、日本にはないシシャモの揚げ物などもあります。地場系のコンビニも数多くあり、日系とは違った品揃えで見て回っても飽きないです。デパートや大型のショッピングモールは、再開発の波に乗って各エリアで続々と新しいものが誕生しています。扱う商品も、少し前とは違い高品質で洒落たものを取り揃えるようになってきています。

北京でのお土産といえば、やはり伝統工芸品である玉彫や堆朱、漆器、七宝焼、陶磁器などは人気のようです。他にも文房四宝と呼ばれる紙や墨、筆、硯についても本場だけに良いものがあります。印材や書画も中国らしいお土産です。また、中国は骨董品の宝庫でもありますが、基本的に120年以上前のものは国外への持ち出しは禁止されており、政府の許可が必要です。200年以上前のものはすべて持ち出し禁止となっていますから、注意して購入しましょう。

中国茶は、定番のお土産とも言われていますが、たいていの店では試飲ができますので名前や包装だけで判断して買わないで、よく味わって確かなものを買い求めるようにしましょう。女性には、刺繍製品も有名で、特に細工の美しい両面刺繍などが人気です。また、チャイナドレスなどは自分用のお土産に最適です。その場で購入できる既製品もありますが、チャイナドレスは身体にフィットする着こなしが基本なので、できたらオーダーメイドするのがいいでしょう。街中のシルクを扱う生地屋さんやテーラーなどでリーズナブルでしっかりしたものを作ってもらえます。

観光お役立ち情報

北京市内の天安門や故宮、北京近郊の万里の長城や世界遺産などの訪れてみたい歴史的な観光スポット、さらに、北京のエンターテイメントの中でも気軽で親しみやすい京劇の鑑賞スポットや、ローカル女性にも人気のエステ、気軽なリラクゼーションとして人気の高いマッサージ、買物やお土産情報も紹介しています。

関連エントリー

  • 北京市内の観光スポット
  • 北京郊外の観光ポイント
  • 北京のエンターティメント
  • 北京でエステ
  • 北京でマッサージ
  • 北京で買物