Top >  北京オリンピックの聖火リレー >  聖火リレーの順序

聖火リレーの順序

北京オリンピックに向けた聖火の採火式は、2008年3月25日にオリンピック発祥の地でもあり前回開催地でもあるギリシャのオリンピアで行なわれます。その後3月30日までギリシャ国内で聖火リレーが開始され、3月30日に第1回オリンピック(1896年)会場であるギリシャのパンアテナイア体育館で聖火の中国への引渡し式が行われます。翌31日に聖火は中国の北京へ空路で移動し、聖火リレーの出発式が行われる予定です。

ここからが本格的な聖火リレーの始まりで、8月8日までの130日間という過去最長の期間にわたって世界中を駆け巡ります。その間の距離も過去最長の13万7千キロです。北京市を出発した聖火は順に、アルトマイ-イスタンブール-サンクトペテルブルグ-ロンドン-パリ-サンフランシスコ-ヴェノスアイレス-ダルエスサラーム-マスカット-イスラマバード-ムンバイ-バンコク-クアラルンプール-ジャカルタ-キャンベラ-長野-ソウル-ピョンヤン-ホーチミン-台北-香港-マカオ、そしてここからは中国本土の各地を巡り、開催日の8月8日には再び北京へ戻ってきます。

日本では、近年冬期オリンピックが開催されたということで、聖火は長野を走ることが決まりましたが、まだ具体的なコースやオフィシャルランナーなどについては決まっておりません。今回の聖火リレーでは、世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に初めて聖火が登るということも大きな話題になっています。また最近では、聖火リレーの順序を巡って台湾からクレームが出ていることも大きな話題ですね。台湾から香港、マカオを経て中国本土に入っていく流れが、台湾が中国の一部のように受け取られかねないという懸念を示しています。平和の祭典としてのオリンピック、政治的な思惑とはかけ離れたレベルでの解決を望みたいものです。

北京オリンピックの聖火リレー

オリンピックに聖火リレーは欠かせません。世界中を駆け巡る聖火リレーはオリンピックの序幕として、又本大会開催へ向けてオリンピック精神を高揚していくイベントとして大切なものですね。史上最長の期間と距離で行われる北京オリンピック聖火リレーですが、一般の市民も参加できる行事でもあり、今からスタートが楽しみですね。

北京オリンピックの聖火リレー

オリンピックといえば、やはり聖火リレーは欠かせません。世界中を駆け巡る聖火リレーは、オリンピックの序幕として、また本大会開催へ向けてオリンピック精神を高揚していくイベントとしてとても大切なものですね。史上最長の期間と距離で話題になっている北京オリンピック聖火リレーですが、一般のランナーも参加できるオリンピック行事でもあり、今からスタートが楽しみですね。

関連エントリー

  • 聖火リレーの順序
  • 聖火トーチについて
  • 聖火リレーに参加しよう