Top >  北京オリンピック開催まで >  北京オリンピックのチケット

北京オリンピックのチケット

4月から北京オリンピックのチケット販売予約がいよいよ始まっていますが、発売元の北京オリンピック組織委員会は、偽造や転売による価格高騰を防止するために、電子チップを埋め込んだチケットを作りました。特に開閉会式のチケット購入には厳格なチェックが行われており、個人を証明する書類などのほかにも購入者本人の顔写真の提出も義務付けられ、第3者への譲渡も規定の手続きを踏まなければなりません。

4月15日に始まった第1回目の一般向けチケットの販売総数は約700万枚で、購入希望者多数の場合は抽選となります。この分は主に中国国内を対象としており、75%が中国国内向けで残りの25%だけが各国オリンピック委員会に割り当てられました。価格は中国の物価をベースにして決められており、これまでの歴代オリンピックの相場よりもかなりリーズナブルになっており、最高額は開会式の5000元(約7万5千円)、競技ではバスケットボールが一番人気で男子決勝戦のチケットは1000元(約1万5千円)、一番安い価格に設定されているのが野球の30元(約450円)となっています。

北京オリンピック組織委員会では、チケットの販売を三段階に分けており、第1回目が4月から6月で、販売予約開始以来、中国国内ではオリンピックのチケット購入が大ブームにもなっているようです。今後、第2回、第3回と段階的に販売予約が予定されており、日本人を販売対象とした主なチケットはまだまだこれからです。第1回目の販売予約では、海外対象割り当てが少なく予約もなかなかできないようでしたが、日本人対象のチケットはこれからが本番です。観戦を希望している競技がある人は、まだまだ諦めず、今後の販売予約のチケットを入手できるようトライしていきましょう。

北京オリンピック開催まで

北京でオリンピックを開催することが決まるまでの流れ、開催決定の様子、「オリンピック」と「コマーシャリズム」の結びつきや、オリンピックへ向けた北京のマナー向上運動など中国国内で気運の高まりやインフラの整備状況などについて紹介しています。

関連エントリー

  • 北京でのオリンピック開催決定
  • オリンピックとコマーシャリズム
  • 北京のマナー向上キャンペーン
  • オリンピック観戦に向けた動き
  • 北京オリンピックのチケット