Top >  北京オリンピック開催まで >  北京のマナー向上キャンペーン

北京のマナー向上キャンペーン

2007年の2月、北京市当局は、北京オリンピックを来年に控えて、北京市内でのマナー向上のため、市民に整列を呼びかけるキャンペーンを行いました。毎月11日をマナーの日として制定し、バス停や地下鉄のホームで割り込み乗車をする市民に対して市職員が整列乗車の指導を行ったのです。でも、このニュースは中国の国外では話題になったニュースなのですが、中国国内では殆ど報道もされずネットでの検索でも出てきません。

中国の公共マナーの悪さは世界的にも有名で、中国人が団体で海外旅行すると、その国の入国管理で割り込みを繰り返し、悪評が世界のあちこちで立っているという笑うに笑えないような本当の話があります。北京市内でも、昔からの風習というか習慣で、バスは人が降りるよりも先に他人を突き飛ばしてでも乗り込む、というのが常識?となっていて、ラッシュ時には外国人にはとても近づくこともできない代物でした。ところが、最近では少しずつではありますが、この常識も変わりつつあるようです。街中でのオリンピックへ向けたマナー向上のポスターを見ると、パジャマで町を出歩かないとか電線に洗濯物を干さないようにとか、我々日本人にはなんだか可笑しくて笑えるようなものばかりです。

マナー向上の張り紙があちこちにあるためか?地下鉄のホームでも並んで電車を待つようなことも時々は見かけられるようですし、駅の窓口でも割り込みしないで並ぶ人も見受けられるようになって来ました。面白いのは、割り込みする人が未だに絶えない地下鉄でも、車内にいるときには市民の皆さんは一様にお行儀がよく、子供や年配者を見つけると、無理やりにでも座らせるような微笑ましい光景が見られ、お節介というかそうした親切な人も多いのです。ですから、割り込みの習慣はマナーというよりも、むしろ中国の習慣だと割り切って我々外国人は今はそれにお付き合いするしかないでしょうね。

北京オリンピック開催まで

北京でオリンピックを開催することが決まるまでの流れ、開催決定の様子、「オリンピック」と「コマーシャリズム」の結びつきや、オリンピックへ向けた北京のマナー向上運動など中国国内で気運の高まりやインフラの整備状況などについて紹介しています。

関連エントリー

  • 北京でのオリンピック開催決定
  • オリンピックとコマーシャリズム
  • 北京のマナー向上キャンペーン
  • オリンピック観戦に向けた動き
  • 北京オリンピックのチケット