中国・北京旅行info Top >  エリアガイド >  三里屯エリア

三里屯エリア

三里屯には、日壇公園のある建国門北大街付近と同様に世界各国の大使館が立ち並んでおり、外国人が経営する洒落たレストランやカフェなども多く、現在の北京では最も国際色豊かな街です。街中では欧米人の姿もよく見かけられ、北京では一風変わった雰囲気を持つエリアでもあります。三里尾屯は、かつては衣料品の自由市場として有名で、三里屯路の西には衣料品屋台が密集し、コピーものの製品を驚くほど安い価格で販売していました。品質はともかくとして有名ブランドのコピーですからデザインもよく、そのため北京の庶民や観光客にも大変人気のあった市場でしたが、オリンピックを控えて美観やコピー品摘発などの理由で閉鎖されてしまいました。界隈にあった一般の店舗では、多少屋台よりも高くなっていますが今も少し洒落た衣料が販売されています。

三里屯は、夜の繁華街としても有名で、気取りのない雰囲気で気軽に入ることのできるバーから高級なムードの漂うクラブまで、通りの両側にはネオンが瞬いており華やかな夜の街に変貌します。この辺りには、悪質な客引きがいて暴利を貪る店に連れ込んで、とんでもない価格を請求することがありますので、あまり気を許し過ぎないようにしておきましょう。ところで、この辺り一体歓楽街であったバーエリアも、再開発で2007年の後半にはショッピングセンターやホテル、バーやカフェなどの多業種が渾然一体となった新しい街へと生まれ変わります。三里屯通りの東側にはバーエリアを残し、西側を新三里屯として南北エリアに分け、北エリアは中国庭園スタイルで、デザイナーズブランドショップやホテルが入り、南エリアは市民が憩う広場を中心に映画館や駐車場が併設されるエリアとなります。

エリアガイド

北京の街を歩くのに必須のエリア別ガイドです。流行の最先端となった王府井エリア、古くからの雰囲気を色濃く残す繁華街の東単から東四エリア、前門大街と大柵欄周辺、大使館が建ち並び夜の繁華街でもある三里屯エリア、若者の多いローカル色豊かな繁華街である西単エリア、その他にも瑠璃廠、燕沙、建国門各エリアについてそれぞれの街の様子や特徴をご紹介しています。

関連エントリー

  • 王府井エリア
  • 東単から東四エリア、前門大街と大柵欄
  • 三里屯エリア
  • 西単エリア
  • 瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア