中国・北京旅行info Top >  エリアガイド >  瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア

瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア

瑠璃というのは瓦のことで、故宮の屋根やレンガ造りの壁の瓦のことを瑠璃と呼びます。この瑠璃と呼ばれる瓦を作った工場が、15世紀の明朝の時代にこの辺りにあり、そこからこの地名の由来がきています。今は骨董関係や書画、それに墨、筆、硯、紙などの古式豊かな文房具、印鑑などの店が建ち並ぶ通りになっており、この街が今のような文化的な趣を持つようになったのは、200年ほど前の頃からで、その頃になぜか文人達がこの街を好んで住むようになったらしいです。経済開放政策以後に、新たに清朝の街の様子を再現して作ったこの街には、その雰囲気を味わいに多くの観光客が訪れています。

燕沙は外国人のためのエリアとも言われ、数多くの様々な人種の外国人が行きかう街です。燕沙橋のそばの燕沙友誼商城や凱賓斯基(ケンピンスキー)飯店を中心に、希爾頓(ヒルトン)や長城(シェラトン)、昆侖飯店など、有名なホテルが点在する地域で、この界隈には駐在員が住む高級マンションも多いです。少し西へ向かうと大使館街となり、外交官用の宿舎や施設も多い地域です。燕沙では、中国人よりもむしろ外国人の数のほうが多く、北京の中でも独特の雰囲気を持つエリアです。

日壇公園のある建国門エリアには、日本大使館をはじめ三里屯エリアと同様に各国の大使館や外交官の住まいが集まっており、英語の看板を出したレストランやカフェも点在し、外国人が多く暮らす街です。また、近年は都市再開発で大型の高層ビルも建ち並ぶようになり、ビジネス街としての顔も持つ街です。街の一角には昔ながらの外国人を相手に布製品を扱秀水市場や路上マーケットの雅宝路市場などが残り、古くからの街の雰囲気も併せ持った国際的なエリアです。

エリアガイド

北京の街を歩くのに必須のエリア別ガイドです。流行の最先端となった王府井エリア、古くからの雰囲気を色濃く残す繁華街の東単から東四エリア、前門大街と大柵欄周辺、大使館が建ち並び夜の繁華街でもある三里屯エリア、若者の多いローカル色豊かな繁華街である西単エリア、その他にも瑠璃廠、燕沙、建国門各エリアについてそれぞれの街の様子や特徴をご紹介しています。

関連エントリー

  • 王府井エリア
  • 東単から東四エリア、前門大街と大柵欄
  • 三里屯エリア
  • 西単エリア
  • 瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア