中国・北京旅行info Top >  エリアガイド >  王府井エリア

王府井エリア

王府井エリアは、東長安寺街に面した老舗ホテルの北京飯店の横から北へ延びている王府井大街(王府井通り)を中心に広がっています。故宮(紫禁城)や天安門にも近く、とても賑やかな通りで「北京のシャンゼリゼ通り」などとも呼ばれています。ところが、市内の再開発で通りにある店なども改装が続き、ここしばらくは西単に人の流れが移っていました。最近では再開発が落ち着いて、モダンな建物が続き明るくなった通りでは、各店舗の装いも改まって再び北京一の目抜き通りとなり、情報や流行の発信基地として最先端のエリアになりました。

通りには新しいデパートやショッピングモールが多く建ち並び、老舗の店やレストランも中に入居しています。大通りから横道を入ると、夜には数多くの食べ物屋台が立ち並びます。また、北京飯店以外にも王府井大飯店、皇冠假日酒店(ホリディイン・クラウンプラザ)などの五つ星ホテルが点在する地域で、観光客も多く見かける地域です。この辺りでは、買物でも英語の通じる店が多いのも特徴です。

また、北京庶民に親しまれてきた100年以上の歴史のあった東安市場が再開発で取り壊されましたが、代わりに庶民的な大型デパートとして生まれ変わり、老舗の飲食店や店舗が入り賑わっています。ところで王府井という名は、この地が隋の時代に燕の王府が置かれたところで、その西側にあった井戸の水が美味で有名になったことから、この辺りを王府井と呼ぶようになったらしいです。今もその井戸跡は残り、鉄のふたで覆われています。

北京のエリアガイド

流行の最先端王府井エリア、伝統的な雰囲気の
繁華街東単から東四エリア、前門大街と大柵欄周辺、
夜の街でもある三里屯エリア、若者の多いローカル色豊かな
西単エリアなどをご紹介!

エリアガイド

北京の街を歩くのに必須のエリア別ガイドです。流行の最先端となった王府井エリア、古くからの雰囲気を色濃く残す繁華街の東単から東四エリア、前門大街と大柵欄周辺、大使館が建ち並び夜の繁華街でもある三里屯エリア、若者の多いローカル色豊かな繁華街である西単エリア、その他にも瑠璃廠、燕沙、建国門各エリアについてそれぞれの街の様子や特徴をご紹介しています。

関連エントリー

  • 王府井エリア
  • 東単から東四エリア、前門大街と大柵欄
  • 三里屯エリア
  • 西単エリア
  • 瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア