中国・北京旅行info Top >  エリアガイド >  東単から東四エリア、前門大街と大柵欄

東単から東四エリア、前門大街と大柵欄

王府井大街の1本東を、北の雍和宮から南の建国門大街までいくつか名前を変えながら走っているのが東四~東単の大街(雍和宮大街、東四北大街、東四南大街、東単北大街)です。このエリアは、王府井エリアと比較すると少し静かなイメージがありますが、お寺や市場、エンターティメント施設、若者向けのショップ街など、同じ通りで様々な移り変わりがあり、歩いていて楽しいエリアです。道の左右には、ところどころ昔の胡同と呼ばれるレンガの壁作りの古い住宅が建ち並び、歴史を感じさせてくれるエリアでもあります。

天安門広場の南にある正陽門のことを前門と呼び、それがここから始まる通りと街の地名となっています。今でも戦前からの洋館が立っており、かつてのよき時代の北京の雰囲気を残す繁華街です。この辺りには多くバス路線が走っていますし、地下鉄の前門駅や天安門東駅、天安門西駅からも便利なため人の流れが絶えないエリアです。かつては北京城の門前市として多くの屋台街が形成されて古くから賑やかな街でしたが、今も当時からの屋号を守って店を構えている有名な老舗店が多くあります。メインストリートの前門大街の両脇には、衣料品店や飲食店が延々と建ち並び、昔からの風習通り、大きな掛け声で通りを行く人に呼びかけている賑やかで風情のある下町です。

大柵欄は、前門大街から西に向かう通りで、その名が示すとおり大きな棚があった街です。ここは、かつてはいわゆる花街でしたが今は往時の面影もなく、庶民的な飲食店や衣料品、雑貨、CD屋などごちゃごちゃと雑多な店の続く狭い通りです。こちらにも東単~東四エリアと同様に古い家並みの胡同が並んでいて、通りをぶらぶら散策しても面白い街です。

エリアガイド

北京の街を歩くのに必須のエリア別ガイドです。流行の最先端となった王府井エリア、古くからの雰囲気を色濃く残す繁華街の東単から東四エリア、前門大街と大柵欄周辺、大使館が建ち並び夜の繁華街でもある三里屯エリア、若者の多いローカル色豊かな繁華街である西単エリア、その他にも瑠璃廠、燕沙、建国門各エリアについてそれぞれの街の様子や特徴をご紹介しています。

関連エントリー

  • 王府井エリア
  • 東単から東四エリア、前門大街と大柵欄
  • 三里屯エリア
  • 西単エリア
  • 瑠璃廠、燕沙、建国門各エリア